お食い初めについて

公開日: 

お食い初め(おくいぞめ)とはなんでしょうか?
お子さんがいるご家庭であれば当然ご存知だと思います。
しかし、子供が初めてできた時にはやることが多く大変ですが、だけど子供のためには手抜かりはしたくないと思っている方が多いと思います。

出産祝いから始まって、内祝い、命名の儀、お七夜、お宮参り、初節句など、嬉しい忙しさに目が回ってしまいますよね。

そのようなお祝い事の中に、「お食い初め」があります。

お食い初めは、生後100日程度過ぎた時に、「子供が一生食べるものに困らないように」と、赤ちゃんに初めて物を食べさせるに儀式のことをいいます。
実際に物を食べさせる訳ではなく、食べさせる真似をする儀式です。
だから、離乳食を用意するのではなく、お食い初め用の縁起の良い料理を用意します。

料理やお祝い事については生まれた土地土地で変わってきます。
まずは自分の親御さんに確認してみると一番確実でしょう。

お食い初めの歴史は平安時代から行われています。
この頃のお食い初めは、生後50日目に重湯の中に五十日の餅(いかのもちい)を入れて、そのお餅を子供の口に少し含ませるお祝いでした。
お食い初めは地域の特色が濃いお祝いとしても有名で、地方での伝わり方がまちまちです。
地方によっては「箸揃え」「箸祝い」「百日(ももか)の祝い」」「真魚」と呼ぶところもあるようです。

お食い初めは古い歴史を持つ祝い事ですので、地方での決まりごともあるため、両親や祖父母の話を聞いてから行たほうがいいと言えます。

お食い初めの時期はしっかり決まったものがあるわけではありません。
生後100日~120日の期間内に行えば良いかと思います。

しかし、ある程度の期間があることですので、うかうかしてもいけません。
余裕を持って、お食い初めレシピの調査や親御さんや祖父母との話し合いやスケジュール調整を行っておきましょう。

近畿地方では「お食い初めを先延ばしすることは寿命を先延ばしする」として、あえて120日目以降の吉日に行う地域もあるようです。
地方の風習に従うことが好ましいとされていますので、前もって調べてきましょう。
また、お祝い事ですから、切羽詰る必要はありません。そこまで時期にとらわれなくても良いと思います。

お食い初めの参加者も地域によって変わります。
昔は親戚一同集まって行いましたが、今は子供と両親、祖父母のみで行うことが一般的です。
もちろん、子供と両親だけで行う家庭も増えています。

お食い初めレシピも、参加する人数で大きく変わってしまいますので、前もって人数を確認しておきましょう。

お食い初めには必要となる道具がいくつか存在します。
お祝いにしか使わないものもあって、できるだけ安くあげたいと考えることが普通です。
それぞれの考えに見合った道具を用意すれば良いと思います。

ただ、お食い初めに使う「お膳」「おわん」「お箸」に関しては、新しく用意することをオススメします。
それは、お食い初めが、子供が一生食に困らないよう神様にお祈りする儀式だからです。
これらの物を今後他のお祝い事で使用する分には問題ありません。

今はお食い初め用の器セットなどリーズナブルなものが売っています。
しかし、一番大切なのは「行う事」と「心」ですから、離乳食用の器でも構わないと思います。
子供が食に対して困らないよう神様に祈ることが大切です。

必要な道具が決まりましたら、次はお食い初めに出す料理の決定しなければなりません。
お食い初めは実際に子供に物を食べさせません。あくまで子供は食べる真似をするだけです。

お食い初めレシピは、書籍やインターネット上にたくさん載っていますのでいろいろと見て参考にしてください。
お食い初めレシピには「一汁三菜」という形式があります。

基本的な形式は、膳に赤飯を盛り、鯛などの魚を使ったお吸い物、鯛などの尾頭付きの焼き魚、そして煮物や漬物などの惣菜、紅白の餅といった形があります。紅白の餅は5つ添えるというのが基本形式です。

お食い初めは形式張る必要はあまりないですが、主役の子供は少しだけおめかしをすると良いかもしれません。
また時間は、参加者の都合にもよりますが、夜に儀式を行うのが一番良いでしょう。
お食い初めレシピはボリュームのあるものが多いし、宴会に近い形で行われる事が多いからです。

注意点ですが、お食い初めでは、子供は実際に食べませんから、別に離乳食を用意したり、ミルクを作ることを忘れないでください。

そして、いよいよお食い初めの儀式を始めます。
まず、子供の前の置かれたテーブルに料理を乗せたお膳を持ってきます。
そして、長めの新調した箸を使い、子供に料理を食べさせる真似をします。
この係は、昔は父親か祖父が行いましたが、今は誰がやっても構いません。

順番はご飯→汁物→ご飯→魚→ご飯→汁物という順序になります。
この順序が絶対というわけではなく、地域によってもやり方がありますので前もって調べておきましょう。

その儀式が終わると、後は普通に宴会となります。
子供の寝る時間がきたら、子供を席から離して眠らせてください。

古来からお祝い事は多くの人で楽しむものです。
良い機会ですので、楽しんでもらえる場を提供するのが、お食い初めの一番の意義かもしれません。
子供のことを一緒に祝っていただくので、楽しめるようおもてなしてください。

子供が小さい頃は何かと忙しいですが、頑張ってください!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP ↑