加能ガニ・越前ガニ・松葉ガニの違いって?

加能ガニ・越前ガニ・松葉ガニの違いって?

公開日: 

毎年11月6日は「加能ガニ解禁」の日です。
何故、いまこの件を書いているのかと言うと、ちょうどなんかカニが食べたいと思ったときに加能ガニのことを思い出してしまったからなんです。

これから夏に向かうシーズンでは、もっと違うものに焦点が当たります。
カニで言えば「毛ガニ」はまだOKなはず。
そして、アワビ、ウニ、クルマエビなんかもいいですよね。

でも、なぜか「加能ガニが食べたい」と思ってしまったのです。
でも解禁日は11月6日・・・。
まだまだ先は長いです。

そこで、なんか気になっていたのですが、皆さんは「加能ガニ」知っていますか?
以前はこの「加能ガニ」は「越前ガニ」と呼ばれていましたよね。
なんで「加能ガニ」って呼ばれるようんあったのでしょうか?

実は、「加能ガニ」って、石川県内で水揚げされたズワイガニのオスのことを言います。
それも、平成18年に加賀と能登の地名からとられて、公募で名付けられたのがこの「加能ガニ」っていう名前です。
加賀・能登のカニって意味だったんですね。

福井県の港に水揚げされる雄のズワイガニは「越前ガニ」と呼ばれ、山陰地方で水揚げされた雄のズワイガニは「松葉ガニ」と呼ばれます。
同じカニなのに、水揚げされた場所で名前が違うなんてわかりずらいですよね。

その他にもオスのズワイガニが水揚げされた地域で違う名称になっているものがたくさんあります。
例えば、京都府は間人ガニ、兵庫は津居山ガニや柴山ガニや香往ガニ、浜坂ガニなんて呼ばれてます。

これは各県や各漁港がブランドガニとして観光のひとつにしたいという思惑があるんでしょう。
ただ、呼び名は違えど、種類は一緒です。
ではこれをひと目で分かる方法があるのでしょうか?

あるといえばあるんですが、それはタグによる見分け方なんです。
例えば、加能ガニは水色のタグです。
越前ガニは黄色のタグ、鳥取の松葉ガニは白のタグ、島根の松葉ガニは青色のタグ、というように色によって分けられているんです。

ただ、加能ガニは水色のタグなんですが、兵庫県の浜坂ガニのタグも水色なんです。
京都の間人ガニと兵庫県の香往ガニは緑色のタグで、島根の松葉ガニと兵庫の津居山ガニは青色のタグなんです。
ということで、色がかぶっている地域があるんです。
ということでタグの形まで見ることが必要になります。
タグには水揚げされた漁港名などが記されているので、まぁそこまで見れば間違えることはありません。

オスのズワイガニは甘味があってとても美味しいです。
北陸新幹線ができて金沢が近くなったこともありますので、新鮮な魚介を求めて金沢の近江町市場に足を運びたくなります。
近江町市場の活気に触れながら、新鮮な魚介を買って、そこで食べるもよし、持って帰るもよしです。

ただ、「加能ガニ」は正直高いです。
それはブランドガニですから、当然と言えば当然ですけど。

庶民としてはそこまで沢山食べれるものではありません。
そこで「加能ガニ」のシーズンになると、目がカニばかりに入ってしまいますが、そこで売っているハマチや甘エビも旬で美味しいんです。
その他にもたくさんの魚介であふれていますから、なんでも食べたくなってしまいます。

私としては、本当は言いたくないんですけど、ズワイガニのメスが大好きなんです。
セイコガニ・セコガニ・香箱なんて呼ばれているやつです。
味噌や内子が美味しくて、これまた病みつきになってしまいます。

話がだいぶそれてしまいましたが、ズワイガニのオスは水揚げされる場所や漁港によって名前が変わります。
その中で、比較的新しいブランドではありますが「加能ガニ」が食べたくてしかたありません。

名前が違うだけなので、越前ガニや松葉ガニでもいいんですが、やはり現地への行きやすさもあって「加能ガニ」が頭に浮かんできます!
早く来ないかなぁ、解禁日!
今年はどんな料理法で食べようかな!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP ↑