仮想通貨イーサリアム(Ethereum)って何?

仮想通貨イーサリアム(Ethereum)って何?

公開日: 

最近、何かと話題の仮想通貨・暗号通貨ですが、日本ではまだまだなじみが薄いようです。
しかし、ビックカメラでビットコインでの決済ができるようになったり、着実に広がっているようです。

また、投資として仮想通貨をとらえている方も多く、そちらの方も拡大を見せているようです。

そんな中で、ビットコインは何となく聞いたことがあるけど、それ以外は聞いたことがないなんて人も多いと思います。

そもそも、仮想通貨とはインターネット上に存在する電子的通貨のことを言います。
物としての形が存在しないので仮想通貨とかデジタル通貨とか呼ばれています。

suicaなどの電子マネーと違い、

・法定通貨と換金性がある
 仮想通貨は、インターネット上に「取引所」が存在しているため、法定通貨とのやり取りが可能です。

・暗号化と分散化技術で、通貨の改ざんなどの不正や消失を防いでいる
 ブロックチェーン技術などの新たな技術によって安全性が保たれています。

・特定の国家や銀行に依存しない
 仮想通貨は技術への信頼性でお金としての価値が存在します。だから特定の国や銀行に依存しないで存在することが可能です。

などの特徴があります。

最近では、様々な種類の仮想通貨が出ているため、すべてこれに当てはまるという訳ではありません。

仮想通貨で一番有名なのはビットコインです。
仮想通貨市場では4割以上のシェアを占めています。

ビットコインの次に有名な仮想通貨はイーサリアムです。
通貨内に契約を盛り込めると言う特徴を持っています。

イーサリアムより分派して生まれた仮想通貨も存在しています。
それがイーサリアムクラシックです。

その他にも、リップル、ライトコイン、Steem、Dash、Monero、ネム、Factom、Dogecoinなどたくさんの種類の仮想通貨が発行されています。世界には 700 以上の仮想通貨が存在していると言われています。

その中で、今回取り上げたいのは、イーサリアムです。

イーサリアムの時価総額は約2兆3,500億円で、ビットコインの次に時価総額の規模が大きい仮想通貨です。

仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の通貨単位はイーサ(Ether)といいます。
また、ユーザが定義した契約(スマートコントラクト)・財産を扱う柔軟性が高い仮想通貨と言う特徴があります。

そんな仮想通貨のイーサリアムが昨日11日に急落したとのニュースがありました。
6月12日に付けた最高値の半値以下まで急落したのです。

時価総額でビットコインを追い抜くと言われていたイーサリアムは、年初から急激に資金が流入していました。
しかし投資家たちには、足元での過熱感が意識されていて、売りが膨らむ場面が目立っていたようです。
半年で5倍の価値になっていたんですね。

昨日はイーサリアムだけでなく、シェアを高めてきた「リップル」の下げも酷かったようです。

イーサリアムは、まだまだ実験段階の通貨という状況は変わっていません。
そして、イーサリアム自体の脆弱性が無いわけではありません。

イーサリアムは、JPモルガンがマイクロソフトと組んで「契約に使える仮想通貨」という信用を得やすい新たな仮想通貨を開発しました。
そして、イーサリアムはビットコインと違い、新規発行枚数の上限が未決定な仮想通貨なんです。
イーサリアムの初期発行枚数は7200万枚でしたが、現在ではいつの間にか8930万枚に増えています。
開発者が増やせる仕組みになっているんです。

もちろん、これだけの流通量になっていることは事実ですから、世界的な認知度としてはかなり高いのかもしれません。

しかし、このような状況を考えると、イーサリアムは投資対象としてはまだまだ成熟の段階とは言えません。
まだまだ、仮想通貨取引は「マネーゲーム」の段階といえるのかもしれません。

投資として、イーサリアムを持ちたいと考えるのであれば、必ず資産状況とリスクを照らし合わせて選択した方がいいでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP ↑